2018年5月29日火曜日

世田谷区の子供と行きたいおでかけ穴場スポット10選! 第3位【大蔵運動公園アスレチックコーナー】

世田谷区の二子玉川や駒沢近くにある子供と行きたいおすすめおでかけ穴場スポット!ほとんどが無料で楽しめる気軽に出かけられるところで意外に知られていない場所を厳選しました。

前回の第1位【駒沢ハウジングギャラリー】、第2位の【尾山台/奥沢の卓球場】に引き続き、第3位は【大蔵運動公園アスレチックコーナー】を紹介します!

このアスレチックコーナーは、世田谷区の遊び場を良く知っている人にもなかなか知られていない穴場中の穴場スポットです。というのも、道路に面しているわけでもなく、案内板が表示されているわけでもなく、アクセスが非常に限られているからです。

しかし、アスレチックコーナーとして遊具は一通り揃っているし、なんといっても、いつでも空いているのが大きなメリットです。もちろんすべて無料!

どのくらい空いているかと言うと。。。

このくらい空いています!

上の写真は9月の晴れた土曜日の昼に子供と遊びに行ったときの様子です。一番人気のターザンロープがご覧の通り乗り放題!子供は大喜びでした。

さっそく場所の案内ですが、住所は東京都世田谷区大蔵5丁目7−22です。

大蔵運動公園アスレチックコーナーの場所

地図を見てわかるとおり、砧公園に隣接している大蔵運動公園のなかに位置しており、近くには駅もバス停も駐車場もありません。大蔵運動公園の駐車場から徒歩で5分くらいです。駐車場は30分100円と安いので私は車を利用していました。バスを利用する場合は、東急バス(系統玉31・32もしくは都立01、詳しくはこちら)で成城学園駅か二子玉川駅から「区立総合運動場」で降車して徒歩5分くらいです。

大蔵運動公園全般についてはこちらのサイトを参照してください。

左手にテニスコート、右手に都営住宅を見ながら公園のなかを真っ直ぐ突っ切ると突き当りがアスレチックコーナーになっています。

公園のなかを突っ切ります

ちなみにこの公園にある電話の遊具は、赤と青で通話ができるようなのですが、お互いが離れすぎていてしかも静かな環境でないと音が聴こえないので、遊んでいる子供は見たことがありません(音が聴こえるかどうかも不明)。

右手に象のすべり台があります

途中に標識のようなものが何もないのでわかりづらいですが、100mほど奥に向かって歩くとやがてアスレチックコーナーの看板が見えてきます。

利用上の注意事項

ちなみに徒歩であればアスレチックコーナーの西側を流れている仙川沿いの道路からもアクセスすることができます。この場合は、アスレチックコーナーは国分寺崖線の高台の上にあるので階段を上ることになります。

崖下から徒歩のルートもあります

このアスレチックコーナーは世田谷区が管理しているようです。

遊具の説明

アスレチックコーナーのエリアの中央には、背の高い見晴台がデンと構えています。

⑥見晴台

高さはビルの2階分くらいでしょうか。いろいろな登り降りのルートがあるので、これだけでも結構楽しめます。

そして、このアスレチックコーナーの一番の目玉は何と言っても、ロープウェー(ターザンロープ)でしょう。ほかの場所だと常に子供の待ち行列が絶えない人気の遊具ですが、ここではいつ行ってもほとんど待ち時間ナシでいくらでも遊べちゃいます。

⑪ロープウェー

楽しそうです!

スピードはそれほど速くないので、小学生低学年の小さな子供でも危険ではありません。もちろん、慣れない子供のためには親が目を離さないことが大切です。

アスレチックコーナーは入口の遊具から順番に①から⑫まで進めるようになっています。

①まるたわたり②はちのじわたり③ロッククライム④つりばし⑤くいわたり⑥見晴台⑦ネットクライム⑧ロープわたり⑨丸太うんてい⑩アミダのやま⑪ロープウェー⑫まるたのうま

①まるたわたり

②はちのじわたり

③ロッククライム

④つりばし

⑧ロープわたり

⑩アミダのやま

⑫まるたのうま

うちの子供が好きな遊具は、⑪のロープウェーはもちろん、あとは③のロッククライムでしょうか。⑧のロープわたりはなかなか難しく挑戦し甲斐がありますね。⑩のアミダのやまは上まで行くと結構高くてスリル満点です。

近所には大きなバッタも

アスレチックコーナーの近辺の草むらには、大きなバッタや珍しい昆虫もたくさん潜んでいて、虫捕りにも恰好の場所になっています。

木登りも

またちょっとした木登りなんかもできるので、都会のなかで遊ぶことしか機会がない子供には冒険の場所でもあります。

このアスレチックコーナーは周辺にコンビニはおろか、自動販売機もないので、ドリンクは水筒を持って行って熱中症などに気を付ける必要があります。とは言っても周囲は森に囲まれている環境なので、それほど陽射しが強いという感じはありません。夏は虫除けスプレーは必須です。トイレは近くのテニスコートの横に公衆トイレがあります。

アスレチックといえば、田園都市線のつくし野駅が最寄りのフィールドアスレチック横浜つくし野コースが有名ですね。でも世田谷区内にも気軽に出かけて遊べるこのアスレチックコーナーは子供が自然のなかで夢中になって遊べるとても貴重な場所だと思います。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村







0 件のコメント:

コメントを投稿